トランプの“倍返し”なるか
2020.11.08
 
民主主義の根幹は、まちがいなく「選挙」です。

国民の一人ひとりが「1票」を投じ、その多寡によって「統治」(ガバメント:政治)を委託します。

リンカーンがは1863年に、「国民の国民による国民のための統治」(Government of the people, by the people, for the people.)とペンシルベニア州ゲティスバーグで民主主義の根幹を述べたとおりです。

その、世界を代表するアメリカの大統領を選ぶ選挙で、国民の1票が無視されたら、「民主主義の崩壊」という重大な局面を意味します。


つまり、中国から送られてきた大量の「投票用紙」や、民主党と手を組んだCIAによって「集計機」のプログラムが不正操作されていたら、当然、“ウイルス”にかこつけてさほど選挙運動をしなかったバイデンやハリスの民主党が“過半数”をとる事態が容易に発生します。

そうなると、国民の1票による選挙は無意味です。

というか、当初からそのことを計画し、着々と実行していたバイデン陣営だったので、もはや“勝つ”ことは投票前から確信していた言動を行なっていた民主党幹部らでした。

本日、11月8日まではそのシナリオどおりの動きです。


ですが、これがとおればアメリカの「自由」のみならず、世界の「自由」が今後、危機に瀕しかねません。


そのような民主党側の動きを、あらかじめ察知していたトランプは、選挙運動のときから「最高裁で争う」むねの発言をしていました。

重要なのは、“不正”が行なわれるのを指をくわえてただ見ていたのか、それとも何らかの“対策”をしていたのかです。

アメリカのマスコミは、トランプの「バイデンに不正があった」という主張に対して、“根拠”がないといいます。

ですが、その根拠は、裁判で重要な「証拠」になりますので、軽々しく答えるはずもありません。

かりにも1国の大統領が、公式の場で「不正があった」と堂々と語るのですから、証拠を握ってるのではと考えて取材を開始してもよさそうです。

ですが、彼らマスコミもまた、民主党と示し合わせて“不正選挙”に加担している側なので、「バレたらマズイ」(国民に知られたらヤバイ)と早々に会見を途中で打ち切ってしまいました。


では、バイデンが“勝利宣言”をした今後の動きはどうなるのでしょうか。


トランプ陣営は、すでに「不正選挙」にかんするサイトを立ち上げて、全国から情報や画像また動画を集めているようです。

また、確認のしようはありませんが、「郵便投票」の不正を前もって予見していたトランプ陣営は、ウソかマコトか本物の投票用紙には「ナノチップ」を組み込んでいたとか、「すかし」を入れていたといった「未確認情報」もとびかっています。

ウソでもマコトでもいいのです。

それで焦ってバイデン陣営が証拠隠滅に動けば動くほど、尻尾をみせやすくなるからです。

もしマコトなら、それによって「不正な郵便投票」が暴かれる可能性がでてきます。

当初からのトランプの狙いが、バイデン“勝利宣言”後の裁判での大逆転だとしたら、混乱は予想されますが、勝訴後の“倍返し”が民主党陣営をおそうことになります。

もちろん、民主党陣営がそこまで読んで、“逆対策”をしていれば役に立たないでしょう。

またトランプが“敗北宣言”をしてしまえば、その時点でアメリカの「自由」も日本の「自由」も“ゲームセット”になりかねません。











2021年のライン・ホロ
2020.11.07
 
毎年恒例の「2021年のライン・ホロスコープ」をご紹介します。

本品は、拡大してもキレイなベクター型式のPDFで、後日、いつもの宝瓶宮占星学サイトの「レクチャールーム」にアップする予定です。

ただ「レクチャールーム」は、『入門講座』を任意でフォローするページ(現在100記事ほど)なので、「入室」には『入門講座』のご購入後に送られてくる「IDとパスワード」が必要です。

それはともかく、「2021年のライン・ホロスコープ」と、重要な「ソーシャル・プラネット」の2021年の動きは次のとおりです。


※ 上の画像は、JPEGイメージです。拡大してキレイに見ることはできません。


【冥王星】
冥王星は、山羊宮24度から27度直前の26度をトランシットします。

この特徴は、あと3年で終わる「組織変革のディレクション」に続く重大な「精神意識の変革のディレクション」の影響圏に来年1月末以降、ついに入ることです。

「精神意識の変革のディレクション」については、後日、詳細をアップする予定です。

これは今回の「アメリカ大統領選挙」の結果によって、“ディレクション”は変わりませんが、現実的な出来事やその方向内容は大きく変わります。

たとえば、民主党のバイデン候補が勝利した場合、人類が最悪は、“第2次世界大戦”に匹敵する精神的な苦痛を、正式に「精神意識の変革のディレクション」がはじまる、2024年前後以降から体験せざるをえなくなります。


【海王星】
海王星は、魚宮の終盤、魚宮18度~魚宮23度をトランシットしていきます。

現在の「海王星」は、“双魚宮時代のリバイバル”となるディレクションをもたらしています。

新規アイドルブームはその一つですが、共産主義の復活となる共産党一党独裁の「中国」や、善悪闘争といった様相を招来して、自由な「宝瓶宮時代」を迎えるための“反面教師”のディレクションになっています。

今回のアメリカ選挙も同様で、中共とつるんだ旧態依然の民主党幹部と、キリスト教を基盤に正義のアメリカを目指すトランプ共和党との、人類の明暗をわける戦いともなっています。


【天王星】

「天王星」は、牡牛宮6度~牡牛宮14度をトランシットします。

日本にとっては、「令和」のはじまりでもあり、「日本」や「アメリカ」にとっては、新たな“現体制”を模索していく時代のスタートや出直しを意味します。


【土星】

「土星」は、水瓶宮2度~水瓶宮13度をトランシットします。

上述の「天王星」とも関係し、来年2021年は8月下旬~10月中旬を除く約10か月間、「土星」と「天王星」が矩(スクエア=90度)をとり続けます。

日本にとっては、「国体」と「現体制」のギャップといった“戦後体制の矛盾”を抱えてきましたが、それが際立つと同時に、クールにその現実を見つめて新たな「日本」を模索していく動きにつながっていきます。


【木星】

「木星」は今年2020年12月17日に水瓶宮に入宮します。

その2日後の19日には土星も相次いで水瓶宮入りをします。

来年2021年は、水瓶宮3度にはじまり、5月中頃に魚宮に入宮して3度まで進むと逆行に転じ、9月には再び水甕宮を年末12月29日までトランシットします。



《まとめ》

1、
結局、日本の“民族性”を象わす「魚宮」は、その共鳴星「海王星」がトランシットして、“日本人精神”(日本的霊性)を高めている昨今です。

2、
一方、日本の“国体”を象わす「水瓶宮」は、「土星」と「木星」といった正反対の象意をもった星がトランシットして、一例ですが“慎重”と“気まま”また“ネガティブ”と“ポジティブ”といった両面性をもたらしていくことになります。

個人においては、生まれもつ「ホロスコープ」(出生天球図)によって、その両方を受けるのか、それともどちらか一方をより強く受けるのか、影響力がは異なることもあります。

3、
さらには、日本の“現体制”を象わす「牡牛宮」は、“個性”や“自由”また“改革”などを象わす「天王星」がトランシットして、日本の独自性をもたらすことになりますが、天王星は上述の「水瓶宮」の共鳴星でもあるために、日本の“国体”にもかかわっています。

4、
来年2021年1月は、水瓶宮の「木星&土星」また「水星」や「金星」を交えた合(コンジャンクション=0度)が適時、形成され、同時に牡牛宮の「火星&天王星」の合(0度)との、矩(90度)が続く期間になります。

これは、大統領選後の「大統領就任」にいたる混乱とゴタゴタを象わしているといえます。

そうでなくても、“改革と守旧”が入り乱れる混乱期です。

その直後、1月末には「冥王星」が「精神意識の変革のディレクション」の影響圏に入っていきます。

このディレクションを正しく乗り切るための「数理法則とクオリアル・ワールド」(伝授講座)の意義と価値が、知る人ぞ知るかたちで漸次、クローズアップされていく時代に進んでいきます。

そういった“波乱”の1月から幕が開ける2021年は、“混迷”の一方で、上述の日本を象徴する「魚宮」(民族性)、「水瓶宮」(国体)、「牡牛宮」(現体制)の3つのサイン(宮)に、それぞれ「ソーシャル・プラネット」がトランシットしていきます。

それゆえ、意識の高いかたほど“本物”の精神意識(霊性、霊識)や世界(日本)のあり方を求められていく1年になっていくでしょう。

大筋の傾向はそうで、個人においては、生まれもつ「ホロスコープ」(出生天球図)によって、受ける「星のディレクション」(運勢変化)もその影響力(強さ)も、千差万別に異なっていきます。












大統領戦はこれから「本番」
2020.11.05
 
アメリカ時間2020年11月3日(日本時間4日)に行なわれた「アメリカ大統領選挙」の本番はこれからです。

勝敗は、トランプ陣営がバイデン民主党陣営の大掛かりな“不正”を、どこまで暴けるかにかかっています。

今般の選挙の“裏側”は、次のようになります。


オバマ、ヒラリーら民主党幹部とその背後の組織は、かなりの確率で自陣のバイデン候補が負ける可能性を見越していました。

それゆえ、マスコミをつかって大々的に“バイデン優位”を流すだけでなく、あらかじめ激戦州の「開票作業」の裏工作もしかけていました。

それは、まず“武漢ウイルス”(中共ウイルス)を逆手にとって、「郵便投票」を採用することです。

次に、民主党支持者に「郵便投票」を進めたのもその一つです。

膨大な「郵便投票」は、本人確認が必然的に“省略”されたり、“おざなり”になるのは明らかなので、不正バイデン票を紛れ込ませることが可能になるからです。

そこまで考えて、ニセ「バイデン票」をあらかじめ準備させています。

トランプと大差がつけば使えませんが、僅差の場合は、密かに投入してバイデンが勝利するように準備していました。

これは、大統領選挙運動中の当初から計画され、仕組まれていたオバマやヒラリーら民主党幹部の“策略”です。

それゆえ、ヒラリーは、バイデンに絶対に「敗北宣言」をしないようにクギを差しています。

「敗北宣言」をした時点で確実に勝敗が決するからです。

それさえしなければ、トランプが僅差で勝ちそうなときは、ニセ「バイデン票」を投入して逆転させることが可能だからです。


実際、今回の開票速報の中盤をすぎて、トランプが大差で「フロリダ」や「テキサス」をとり、ほぼ勝利を確定させた直後、激戦州にニセ「バイデン票」が投入され、ありえない票の動きをしたことが明らかです。


結局は、まだ「郵便投票」の開票が残ることをいいことに、開票を中止させ、これらの“不正”を白日のもとに暴けば、トランプに勝利が確定します。

詳しい「再集計」もしくは「裁判」に持ち込めるかで勝敗が決まるのです。

でなければ、トランプ再選は、不正によって「赤信号」がともっていますので、トランプの負けが確定するのみならず、台湾や日本にも危機が訪れることになります。

まあ、“不正”を予測していながら、有効な手を打たなかったトランプ陣営にも“甘さ”があります。

ですが、口は悪いが正直で実直なトランプと、言うことは立派でも“ウラ”では不正をしまくる旧来の政治家タイプのオバマやヒラリーとの、「新旧政治スタイル対決」が、今回の大統領選挙の側面にありました。

「ハンター・スキャンダル」も明らかなので、「大統領選不正」までも、トランプ陣営が暴くことができれば、民主党の“不正体質”を一気に白日のもとにさらされ、大逆転勝利のみならず、アメリカに巣食う中共系「民主党」の息の根を止めることさえ可能になります。









神武東征の“モデル”をアップ
2020.11.04
 
宝瓶宮占星学サイトの「“逆説”の邪馬台国」シリーズに、「その14 書紀編3:神武東征の“モデル”」をアップいたしました。


当ブログでアップした「“逆説”の邪馬台国」のシリーズを、リライトしつつ逆順にアップしていくシリーズです。

今回は、最後から2番めの「“逆説”の邪馬台国-書紀編3」をリライトし、「その14 書紀編3:神武東征の“モデル”」と題してアップいたしました。

当ブログにアップした記事の面影がなくなるほど、全面的なリライトになりました。

その点では、もはや新しい記事といえるほどです。

ただし、結論的な内容は変わりません。

そこにいたるロジックの部分を大幅に見直すなど、補足を加えたり簡潔にするなど、わかりやすく充実させています。


お気が向きましたら、お時間のあるときにでもご高覧いただけましたら幸いです。









Amazonを語るニセメール
2020.11.02
 
ここ1~2か月ほど、ほぼ毎日のように「Amazon」を語るフィッシング(ニセ)メールが届きます。

なぜ、「ニセメール」だとすぐにわかるのかというと、こういうこともあろうかと「複数のアカウント」を使い分けているからです。

たとえば、本職用、占星学用、ネットショッピング用、その他契約用等々です。

なので、「Amazon」に登録していないメアドに、“Amazon”を名乗るメールが届けば、一発で「ニセメール」だとわかります。


これまで届いた「ニセメール」のタイトルは、次のようなものがありました。


「Amzon.co.jpに登録のアカウント(名前、パスワード、その他個人情報の確認)」

「注文番号『(数字)』はキャンセルされました。登録してご確認ください」

「アカウント所有権の証明(名前、その他個人情報)の確認」

「異常な行為が検出 アマゾン緊急配送メール」


など、あまりに幼稚すぎるタイトルです。

多分、開けば「URL」が記載されていて、そこにアクセスして記入すると「個人情報」が盗みとられる仕掛けになっているのではないでしょうか。

そして、Amazonで勝手に買い物をされて、代金のみ支払わされてしまうことなどが考えられます。


怪しいメールの場合、今、使っている「メールソフト」では、右クリックして「プロパティ」から確認することにしています。

そこには、実際の送り元の「メールアドレス」が記されていることがほとんどです。

確認しても、「Amazon.co.jp」以外からのメールなので、「ニセメール」(フィッシング・メール)だと見抜けます。

すぐに「ゴミ箱」行きです。

上記のAmazonを語るメールは、なかなかにしつこいです。

「まだやってる」と思いながら、完全にバレているのに、今では「ご苦労なことだと」と思いながら事務的に即削除を繰り返しています。


そのうち、Amazon自体か、関係者が気づき、もしくは実害にあった被害者が訴えて、実際の送り主(犯罪者)が突き止められ、処分されるなり、逮捕されるのではないかと考えています。

いいヒマつぶしです。












“ウイルス”の今後を読む
2020.10.31
 
今後の“武漢ウイルス”の状況を星の動きから、かんたんにご紹介します。

基本的には2月にアップした次の「ライン・ホロスコープ」(抜粋)に準じます。





上図は「ライン・ホロにみる感染拡大」(2020.02.25 UP)と題した記事に掲載したものです。

「2020年のライン・ホロスコープ」から抜粋して概説を付記しました。


図をみればおわかりのとおり、春~夏にかけて「広域感染注意期」になっています。

現在の秋場は、「終息機会期」にむかっている段階です。

同時に、10月末からや11月(明日から)は、「確変期」でもあり、「継続注意期」としてリーディングしておきました。


この意味は、次のとおりです。

10月末~11月は、“終息の機会”が訪れると同時に、再び“感染拡大”が懸念される「確変期」になっていくという意味です。

さらに詳しく申し上げますと、次のようになります。

このターニング・ポイントの「ピーク」は11月の第2週となる「11月13日」前後です。

ここをピークとして、前後2週間ずつの期間になります。

この約4週間ほどが、「感染拡大」の最後の“ピーク”です。

軽い症状で済む場合もありますが、生物兵器由来の“武漢ウイルス”は、報告にもあるように“後遺症”が残るケースも多いので、やはり感染しないにこしたことはありません。

同時にこの4週間ほどは、“最後のピーク”のときでもありますので、ほぼ「11月」となるこの時期を乗り越えれば、あとは漸次、下火になっていきます。

トランシット(運行)による「星のディレクション」(運勢変化、占星学)からみた場合、そうリーディングできるということです。


つまり、11月13日(金)の2週間前の「10月30日」前後から、約2週間後の「11月27日」前後までが、「再感染拡大」と「最後のピーク」と「終息への転換期」となる“確変期”です。

この時期を少ない感染者数に抑えれば抑えるほど、より早く下火や終息に向かいます。

逆に、再び感染拡大が激化すると、相応ながら終息はいっそう長引いてしまうことになります。


ちなみに星のディレクションは、「個々人」や「組織」また「国家」がもつ占星要素(星、サイン:宮など)と共鳴して、「強弱」や「長短」が生じます。

今回の“武漢ウイルス”の「ディレクション」でいえば、中国本体はもちろん、アメリカ、ブラジル、インド、西欧ではイタリアといった国家と共鳴しやすい「星のディレクション」(運勢変化)になっています。

これらの国々は、油断することなく慎重であるべきで、といっても“陽気”(適当)であるため感染拡大が再び起きやすいので、場合によっては長引くことになるかもしれません。

逆に、“ローカル”(田舎、地方)は、今回の「ディレクション」(運勢変化)は働きにくいものになっています。

なので、気ままな人物が安易に「帰省」したり、安楽気分の旅行者(GOTOトラベル)などが、遠方から流入しなければ、ほとんど心配する必要はないものになっています。













TRUMP LANDSLIDE
2020.10.30
 
人類歴史には、1つの法則があります。

それは「数理法則」からみたとき、「宇宙開闢」(かいびゃく)の“ビッグバン”において、“人類”の誕生と、その歴史の方向性は「星のディレクション」によって決まっているということです。

もちろん、人類の“自由な意志”がありますので、いくらかの変遷は生じます。

それは「星のディレクション」の範囲内での“ブレ”(ゆらぎ)であるのが、宇宙の「根本法則」です。


そのような人類歴史の“流れ”(根本法則)からみたときに、今般の「アメリカ大統領選挙」は、単にアメリカ国民が自国の大統領を選ぶというものではありません。

のみならず、今後約24年間の「人類の命運」を決定するものになっています。

なぜなら、「星のディレクション」から申し上げますと、新大統領が就任する来年2021年1月からは、21世紀前半の最も重要な“メイン・ディレクション”である「精神意識の変革」のディレクションが、その影響圏に入っていくからです。

ちなみに、“武漢ウイルス”(中共ウイルス)が世界的に大流行して、国家の組織運営はもちろん、会社組織も個々人の生活も組織運営の変革をせざるをえなかった今年2020年は、これまで約9年間続いてきた「組織運営変革の深化」のディレクションが“ピーク”を迎えた1年でした。

それは、以前から「宝瓶宮占星学」サイトで“ピーク”となることをお伝えしてきたことです。

なので、ご存じの方も多いと思います。

その“深化”のディレクションのベースとなっているのが、2006年から影響圏に入り、2008年から正式にはじまった「組織運営の変革」のディレクションです。

このディレクションは、2023年まで、まだあと3年間続きます。

ですが、来年2021年以降の最後の3年間は、同時に次の重要な「精神意識の変革」のディレクションの影響圏のはじまりともなっています。


その重要なディレクションのはじまりにおいて、アメリカが「トランプ」(共和党)を選ぶのか、それとも「バイデン」(民主党、副大統領候補ハリス)を選ぶのかは、その後の23年間を「人類」がどのような道を進むようになるのか、歴史的な命運にかかわります。


すでに当ブログでも過去に書いたことですが、「精神意識の変革」のディレクションというのは、たとえて申し上げますと、“負の第2次世界大戦”のような時代を意味します。

“負”というのは、「第2時世界大戦」のように世界を二分した軍事力の「戦争」ではありませんが、それ以上に厳しい“精神意識面”を体験しかねない時代を象わします。

第2次世界大戦は、戦争が終わったとき白人支配から、アジアなど有色人種の「植民地開放」が起きました。

同じように、「精神意識の変革」によって、その後の「世界の枠組み」が大きく変わっていくことになります。

それが、オーウェルの小説『1984』のように、“悲惨”な独裁政治すなわち自由のない「人類総管理社会」を体験して、激しく陰に陽に人類全体が戦いながら変わっていくのか、それとも「宝瓶宮時代」のもと各自の自由な「精神意識」によって、相応の紆余曲折があったとしても主体的に変わっていくのか、それを選択していくのが、今般の「アメリカ大統領選挙」になっています。

わかりやすく言えば、そういうことです。


なぜなら、ここにきてようやく報道されはじめている「バイデン・スキャンダル」は、ひとりバイデン一家の問題ではないからです。

史上最低の大統領「オバマ」をはじめとしたバイデンが所属する民主党の幹部らを巻き込んだ一大スキャンダルでもあるからです。

のみならず、その背後にあるのは「中国共産党」による壮大な“アメリカ乗っ取り計画”だからです。

中国共産党は、秘密裏にアメリカの「民主党」幹部らを、利権をはじめとしたさまざまな手段でもって飼い慣らしているからです。

それが「バイデン・スキャンダル」の本質です。

今般の選挙で、“中国利権”をエサにしたアメリカ金融業界やフェイスブックやツイッターなどSNSをも巻き込んで、「バイデン」を大統領に当選させれば、それが大きく実を結びます。

オバマやクリントンはもちろん、スリーピー・バイデンは「操り人形」よろしく中国共産党の意を汲んだ政策を漸次、推し進めることになります。

結局、アメリカ政界を乗っ取ろうとする中国の計画が進んでいるのです。


なので、なまじっか自分のアタマで考える賢い大統領よりも、半分認知症の「バイデン」のようなスリーピーのほうが都合がいいのです。

当選後は、さっさと引退してもらうなり、隠れ共産主義者でもある副大統領候補のカマラ・ハリスにバトンタッチして、大統領にするのが彼らの狙いです。


結局、そのことを感ずいている「Qアノン」など、アメリカを建国した生粋のアメリカ国民(WASP)らが信じる「神」によって選ばれた(といっても過言ではない)「トランプ」が勝利しなければ、アメリカは悲惨な道を歩み衰退していきます。

のみならず、日本をはじめとした世界の自由民主主義陣営も悲惨な道に進み、自由で民度の高い「宝瓶宮時代」の社会体制へ向かう“歴史プログラム”に大きな狂いが生じます。

そのため、“神”とは申し上げませんが、“ビックバン”の当初から宇宙この世界を「数理法則」のもとに運営している“宇宙の法則”から申し上げますと、「TRUMP LANDSLIDE」でなければ、人類歴史は第2次世界大戦前の「植民地主義」の時代に大きく後退することになります。

人類には“自由意志”が付与されている以上、100%絶対に起こらないとはいえないのです。

しかし、“アメリカの良心”が相応にでもあれば、一時はバイデン優勢でも、人類を「宝瓶宮時代」の社会体制へと推し進める「トランプの大逆転勝利」(TRUMP LANDSLIDE)が必然的に起こるようになっています。


 








- CafeNote -