牡羊宮と韓国の現運勢
2019.03.17
牡羊宮生まれ(太陽)をはじめ、牡羊宮に象意を持つ人と、韓国また北朝鮮の昨今の運勢についてです。

牡羊宮生まれの場合、牡羊宮0度~29度まで30度の幅があるため、そのどこに象意ポイントを持つかで以下、お届けします「運勢」の“時期”や“期間”は異なってきます。

一方、韓国や北朝鮮の場合、国家がもつ“民族性、国体、現体制”の象意のうち、両国とも「牡羊宮」の“国体”をもちますので、その点では今回のテーマに該当します。

ちなみに、“民族性”はいずれも“情”で動く「蟹宮」で、“現体制”は韓国が“プライド”が高く、悪くいえば“自己中心的”な「獅子宮」、北朝鮮は“官僚的”で完璧を求めて視野狭窄に陥ることがある「乙女宮」です。
なので、民族性や現体制は、今回のテーマに該当しません。

牡羊宮や韓国また北朝鮮が、今回の「運勢ディレクション」をいつ受けるのか。

先に「個人」からいえば、牡羊宮0度の生まれの場合、2004年~2013年までで、牡羊宮29度の生まれの場合、2017年~2029年までというように、13年~16年ほどのタイムラグがあります。

この間の牡羊宮生まれの場合、均等推移とはなりませんが、それぞれの時間差と期間で「当該ディレクション」を受けていくことになります。

問題の「韓国」や「北朝鮮」の場合、当該ディレクションの“影響圏”に入るのは、2006年からです。

正式には、2009年~2024年までの16年間で、影響圏までふくめれば19年間が「当該ディレクション」の期間になります。

では、上述の期間、牡羊宮また韓国や北朝鮮は、どのような「運勢」を受けていくのでしょうか。

それは次のようなものです。

わかりやすく表現いたしますと、「組織」や「社会」また「世界」の“TOP”に立てるか、それとも転落をふくめて“どん底”に陥るのか、その両方の可能性です。

もし、ほんとうに実力や人格があって、法やルールを遵守すれば、TOPの地位にとどまり続けます。

しかし、謙虚さを失って傲慢になったり、法やルールを守らず、反社会的な行為をすれば、TOPの座から一気に社会の“どん底”に滑り落ちるというキビシイものです。

事実、数年前まで韓国は、「当該ディレクション」によって、「現代自動車」や「サムソン電子」などに代表されるように日本や世界を席巻し、その分野でTOPクラスに立ちました。

北朝鮮も類似で、半島の小国家でありながら核ミサイルを開発し、アメリカと“対等”かのような交渉を行なうまでにいたったわけです。

それは、今回お伝えしている「星のディレクション」によって、「組織」や「社会」や「世界」のTOPに立つことができる“運勢”に恵まれたからです。

しかし、上述いたしましたように、「当該ディレクション」は“両極端”ゆえ“大逆転”の一面をもちます。

「当該ディレクション」によって、組織や社会や世界の“TOP”に立ったからといって、「実力」や「人格」や「民度」がともなわず、「ルール」や「法」(条約)を守らなかったり、謙虚さを失い、他人や他国を見下して「傲慢」な態度をとったりした場合、このディレクションは、一気に運勢の“大逆転”をもたらします。

それは、宝瓶宮占星学サイトの「今週の運勢」(牡羊宮の項目)に、随時、書いてきたとおりです。

サムソンに代表されるように、一時は世界の“TOP”に立った韓国は、いわゆる“慰安婦問題”や“徴用工問題”また“レーダー照射事件”や“北朝鮮制裁破り”など、昨今、次々とルールや法(条約)をないがしろにしてきました。

そればかりか、謙虚さを失い、すべての非は日本にあるかのように“傲慢不遜”な態度をとってきたのです。

これらは、「当該ディレクション」にそむくお手本のような行為です。

これでは、「当該ディレクション」の“大逆転”の象意が働いて、“TOP”から“どん底”に陥らざるをえません。

北朝鮮も微妙で、核廃棄をせず、アメリカ(世界)と合意に達しなければ、金正恩は“どん底”へまっさかさまです。

逆に、もし完全に核廃棄をして世界のルールに従えば、今後、「当該星のディレクション」によって相応ながら“TOPクラス”の運勢が働き、トランプがいうように、目覚しい経済発展の可能性が訪れます。

実は、このような“運勢ディレクション”は、日常的に見聞きしているものです。

たとえば、組織や社会のTOPに立った人物が、違法な行為や社会規範を破る人倫道徳にもとる行為をしたために、一夜にして、社会のどん底に落とされるといった出来事です。

ご本人が生まれもつ運勢だけでなく、その時期に、「当該ディレクション」が働く「ホロスコープ」(出生天球図)を持っていることから、このような事態が起こります。

ご参考に「個人」で申し上げますと、牡羊宮の中盤をふくめてもいいのですが、主に「後半に象意を持つ人」は現在、当該ディレクションの期間中にあります。







第2回米朝会談は“大成功”
2019.03.06
先月2月27日と28日にベトナムで行なわれた第2回米朝会談についてです。

何の合意もなく、トランプ大統領が足早に引き上げたことで、「交渉決裂」として「成果なし」の報道もみえました。

しかし、交渉決裂は、一歩前進の「大成功」なのです。

「交渉決裂」の一報後、なにか特別なウラ事情があかされるのかをみていましたが、当初の情報以外に、たいした後負い記事はでてきません。

なので、当初の結論どおりにアップいたします。

答え合わせは、簡単です。

1、「完全核放棄」の合意以外に、北朝鮮への“制裁解除”や“朝鮮戦争の終結宣言”などへの調印はありえません。

2、なぜなら、北朝鮮と“合意”した時点で、「反日反米」つまり反自由陣営での「南北統一」が既定路線になるからです。

3、そうなると、半島に「親中親ロ」の統一国家が誕生しますので、半端な「米朝合意」や「制裁解除」はありえません。

4、ちなみに、もし、文在寅韓国大統領が親共路線をとらずに、“反日反米”や“反自由民主主義陣営”へ舵を切っていなかったら、半端な核放棄でも「米朝合意」はありえました。

ご理解いただけますでしょうか。

今、北朝鮮への制裁解除をするということは、単純にいえば、核ミサイルを隠し持った「反米」の半島統一国家が、いずれ誕生することを意味します。

それは、反米だけでなく反日の「南北統一朝鮮」になりますので、日本やアメリカが、約束どおり北朝鮮に経済復興支援をするということは大矛盾が生じます。

第一、交渉決裂しても、元の状態に戻るだけで、アメリカはたいした痛手は受けません。

北朝鮮が以前のように、再び核実験やミサイル発射実験の動きをみせれば、元のようにアメリカは欧米などとともに“制裁強化”や“攻撃”の動きをみせればいいだけです。

その際は、北朝鮮をウラから韓国が支援することが明らかなので、韓国も作戦対象にしていくことになります。

要は、半端な妥協や合意は、将来に禍根を残すだけです。

なので、今回の米朝会談は、「完全なる核放棄」か「交渉決裂」の2托しかアメリカに選択肢はなく、そのいずれであっても、アメリカは金正恩に「冷厳な現実」をみせつけたことで、一歩前進の「大成功」の会談となるわけです。








今年最大のスーパームーン
2019.02.19
月が大きい。

まだ陽が残る夕方4時半ころ、東の空にうっすらと月影が昇っていました。

それが、いつもより大きい。

そう、今日19日夕方~翌20日朝方にかけて、天気がよければ、今年最大のスーパームーン(満月)が見られます。

本日19日朝方、太陽が「魚宮」に入宮。

翌20日に日付が変わる直前に、ちょうど「MC(南中点、天頂)に達した月が「乙女宮」に入宮。

東京や以北の東北札幌はほぼ同じ。
九州福岡の場合は、30分ほど遅れて0時35分ころにMC(南中点、天頂)に達します。

もっとも、見た目の位置はさほど変わりませんので、夜中の零時頃、真南70度付近(この時間の「南中点」)にスパームーンが見えます。

それはそうと、見た目、真夜中午前零時のスーパームーンよりも、月が昇る夕方7時過ぎあたりのほうが大きく見えるのは当然です。

占星学でいえば、魚宮0度の「太陽」と、乙女宮0度の「月」が、ジャストの衝(オポジション=180度)をとることになります。

ちなみに、「魚宮」や「乙女宮」というのは、「ホロスコープ」(占星学)上のお話なので、星座でいえば、このとき「しし座」の胸あたり、アルファ星「レグルス」の直近に「月」は位置します。

つまり、しし座の中で最も明るい星が「レグルス」で、全天中21個ある1等星のひとつです。


ついでに書いておきますと、太陽と月は、射手宮7度の「ケレス」を軸に、T矩(Tスクエア=90・90・180)を形成。

その一方で、牡羊宮29度の「天王星」&牡牛宮3度の「火星」が、調停(メディエーション=60・120・180)の座相を投げかけます。

ほかにも、この時期は山羊宮の「金星&土星&冥王星」が三重合(トリプル・コンジャンクション=0・0・0度)で、魚宮の「水星&海王星」が合(コンジャンクション=0度)。

自己主張が強まりがちで、口論ならまだいいのですが、念のために、喧嘩や事故、異性絡みのスキャンダルなど、生まれもつ「ホロスコープ」(出生天球図)によっては、ご注意が必要な時期です。







世田谷一家殺害事件
2019.02.17
宝瓶宮占星学サイトに「ホラリー「世田谷一家殺害事件」」をアップいたしました。

18年前の2000年(平成12年)12月30日に起きた未解決事件を「数理法則」による「新ホラリー占星学」からリーディングした記事です。

今般、ようやく事件の発生時刻がわかりました。

よって、ホラリー・ホロスコープを作成することができ、リーディングをした要点をまとめたものです。

事件発生の当初から、日本人にはできな残忍な仕業や、家族全員を殺害するという容赦のない犯行状況から、中国か半島の軍隊経験者による犯行ではないかという第一印象をもっていました。

実際、今回ホラリー・ホロスコープからは、“外国人”の犯行が示されていました。

また、現実的にも、現場の足あとから、日本では売られていないサイズの韓国製スニーカーを犯人がはいていたことが明らかになっています。

事件は、犯人の指紋やDNAをはじめ、数々の遺留品が残されていたものの、ストックされている日本人の指紋には合致せず、韓国に指紋照合を打診するも拒否されたことから、いまだに犯人が割れていない現状です。

というか、勘ぐれば、日韓問題になるのをおそれて、当時から犯人のめぼしはついていたものの、警察(ら)が公表を避けたのかもしれないとも考えられます。


記事は、ホロスコープ・リーディングの学びにもなるように、解説をまじえながら書いていますので、ご興味がおありでしたらぜひ高覧ください。







「シュメール起源説」の間違い
2019.02.12
宝瓶宮占星学サイトに、建国記念の日 特別編9「「シュメール起源説」の間違い」を昨日アップいたしました。

まことしやかに語られる「天皇シュメール起源説」は、そもそも根本から間違っていることが明らかです。

それは、1846年の「海王星の発見」に起因します。

宝瓶宮占星学の「星のディレクション」から申し上げますと、海王星の発見の2年後に、『共産党宣言』の発刊や、スピリチュアリズム(心霊主義)の発端となった「フォックス姉妹事件」が起こり、その3年後の1851年にシュメールにかかわる古代都市「ニップル」が発見されています。

これらは、当時の海王星発見のディレクションにもとづいて、“事実誤認”や“勘違い”また“妄想”を含んでいるのです。

では、昭和2年の『天孫人種六千年史の研究』で論証された「天皇シュメール起源説」のどこが“事実誤認”で、“勘違い”や“妄想”をともなった間違いなのでしょうか。

これについても記事では具体的にふれています。

そもそも、シュメール文明があたかも“理想的”な素晴らしいものかのように“勘違い”させ“幻想”をいだかせたのは、「ゼカリア・シッチン」(1920-2010) なる人物です。

シュメール語の粘土板が1920年代に大量に発見されて、その内容をまだ専門家以外に知らない時期に、シッチンは、自説の「人類宇宙人起源説」に合うように、シュメール語をかってに読み替えて、“シュメール宇宙人起源説”を発表したことが間違いのスタートです。

シッチンは、天体学的に存在できない3,600年の周期をもつ「惑星ニビル」をでっち上げ、地球外生命体「アヌンナキ」が45万年前にニビルから地球に来てシュメール文明の建設を指導したなどといったトンデモ説が、さもシュメール語の粘土板に書かれているかのように、意図的に“誤訳”をしたのです。

また、当時からシュメール人が冥王星まで9つの惑星を知っていたかのように、シュメールの神の名前を「海王星」と読み替えるなど自分勝手な“解読”をしたことが、シュメール語の解明がすすんだ現在では明らかになっています。

ご興味がありましたらご高覧ください。





「終わりませんねぇ」
2019.02.10
ハチ「終わんないねぇ」
くま「そう、長引いたねぇ~」

ハチ「事件後、すぐに謝ればまだ問題にはならなかったのにね」
くま「ほんまや、いつまでも認めずに反論してくるから長引くんや」

ハチ「認めなかったり、隠蔽する体質は問題を大きくする」
くま「そやで、あいつらはウソをつきよるから信用できへん」

ハチ「責任者は説明責任があるから逃げたらダメ」
くま「そらムリや、あいつら歴史的に責任者がまっ先に逃げよる」

ハチ「歴史的! 大きく出たね」
くま「日本は不祥事が起きたら、まず責任者が出てきて謝罪する、そんで事情を説明して、今後の対策を語って誠意をみせるんや」

ハチ「それが常識なのに被害者に謝らせる」
くま「被害者は日本のほうなのに謝れなんて、自分らがやっといてなに言うてんのや」

ハチ「ん?」
くま「もうマスコミもあまりとりあげんやろ、終わった思うとんかいな」

ハチ「どうみても在日系のつながりがあるから、マスコミも突っ込みきれていない」
くま「在日かどうかは知らんけどマスコミは反日でんがな」

ハチ「そうだけど何の話? 元締めが今やパチンコの京楽でしょ、そして電通やフジテレビ出身の支配人、韓国芸能界とのコラボ、みんな在日系が強いところだと知っている」
くま「なんや、韓国軍のレーダー照射の話と違うんかいな」

ハチ「違うよ、ネットで今も騒がれてるNGTの山口真帆事件だよ」
くま「そうでっか、対応がよく似ててごっちゃになったがな」

ハチ「運営本体AKSの対応はひど過ぎる! 風化させるな! って、ネットでは一般人も怒っている」
くま「日本海だけでなく日本国内でも日韓対立かいな、そら難儀やな。芸能界は多いからな…韓国芸能界がAKBを乗っ取ってるんとちがう?」

ハチ「最初はそうじゃなかったけどね。売れ出してから運営が変わって、秋Pと対立したようで、秋Pは売れる前にAKBと組んでいたソニーミュージックと乃木坂を立ち上げて、AKBの公式ライバルとして売り出したよね」
くま「なんや複雑やな、AKSどないなっとるんや。もう乗っ取られたんかいな?」

ハチ「2月1日に第三者委員会を立ち上げたけど身内の弁護士ばかり、発表は1か月半後」
くま「お正月に事件が明らかになったやろ、その頃だと人の噂も75日でんな」

ハチ「発表はAKSをとおしてだから第三者委員会の意味がない。そうとうやばい裏がある」
くま「もはや、“国民+ネット民” 対 “運営+マスコミ” でんな」

ハチ「調査結果次第では爆弾投下、また炎上しそう。そうなるとますます終わらない…」
くま「そら、マスコミよりもファンの情報力のほうがAKBに関してはスゴイからな、ウソついたらすぐバレよるでぇ」

ちゃんちゃん♪





NGT48山口事件を読む
2019.01.25
ようやく事件の発生時刻がわかりました。

今もネットで次々と取り上げられ、運営の意をくんだ文春サイドが真相の「隠蔽」をはかり、アイドルハンターなる「犯行グループ」や、ついにはファンと交際があった「メンバー」が複数いることなどを示唆して、必死に「運営の責任」から目をそらそうとしているNGT48山口真帆事件です。

犯行は12月8日午後9時ごろとされていました。
この「9時ごろ」というのが微妙ですが、ほかのデータから本当に9時もしくはその直前で間違いないようです。

その時間で作成した「ホラリー・ホロスコープ」が下図です。



宝瓶宮占星学の「新ホラリー占星学」は、宝瓶宮占星学サイトでも、またこのブログでも何度か取り上げましたので、こまかなご説明は省いて事件の「真相」と「犯人」を書いてまいります。

まず、この事件の「犯行現場」を象わすMC(南中点)は、「牡牛宮」によって象わされています。
さらに「月」と「土星」が上三分(アッパー・トライン=120度)です。

なので、犯行現場は被害者の“自宅”で間違いありません。

なぜなら、「牡牛宮」は“日常生活”を象わし、「月」は“プライベート”を象わし、「土星」は“定着する場所”を象わすためです。

次に、「被害者側」を象わすDES(下降点)は「水瓶宮」なので、“市民”など“一般メンバー”を象わします。

その共鳴星の「天王星」は、事件現場を象わすMC(南中点)に10度差で、これば“自宅”で被害にあったととらえて間違いありません。

さらに、事件の「犯行の動機」は、IC(北中点)からリーディングできますが、「蠍宮」によって象わされています。これに「金星」と「ケレス」が合(0度)です。

金星は「若い女性」を象わすために、犯行の動機は「山口真帆」(23)を狙ったもので間違いありません。
一方、「ケレス」は、事件の動機が“隠蔽”されることを示しています。

しかし、ケレスが魚宮の「火星」&「海王星」を下三分(ロウアー・トライン=120度)としていることから、ホロスコープからリーディングいたしますと、“暴行”や“脅迫”を加えて、「被害者」を黙らせ、あるいは卒業に追い込み、NGT48の乱れた“問題点”を隠そうとする“欺瞞”をはたらかせたものであることがみえてきます。

もうひとつ、重要なのは、事件の動機を象わす蠍宮の共鳴星「冥王星」です。

冥王星が第6ハウス(室)のほぼカスプ上にあることから、NGT48の「権力者」すなわち“帝王”と呼ばれていた「今村支配人」が犯行グループの動機にかかわっています。

それどころか、「ハウス・システム」からみますと、“犯行現場”にも支配人が何らかのかたちでかかわっていることがみえてきます。
つまり、事件は「権力者」(支配人)の教唆によって行なわれました。

なぜ、そこまでいえるのか。
それは、「犯人側」を象わすASC(上昇点)からリーディングできます。

ASC(上昇点)は「獅子宮」です。
これは“権力者”(支配者)を意味します。

さらには、“犯人”を象徴する獅子宮の共鳴星「太陽」は、ASC(上昇点)に下三分(ロウアー・トライン=120度)で、しかも共鳴ハウス(室)である「第5ハウス(室)」のほぼカスプ上にあります。

「太陽」は組織の“中心者”を象わしますので、この事件はNGT48の“中心者”“支配者”“権力者”である「支配人」がすべてを計画し、もしくはその教唆によって起こったことを象わしています。

上述いたしましたように、動機をあらわすIC(北中点)が、「ケレス」を合(0度)としていることの隠された意味は、実行犯に直接の「動機」があったのではなく、けしかけた人物(真犯人)がいたことを示唆しています。

そんなこんなで、「NGT48山口真帆事件」の“真相”と“真犯人”は、事件が発覚後、一言も発することなく、公に姿を見せることもなく、運営本部に更迭になった「今村支配人」です。

実は、それですべてのつじつまがあうことに気づきました。

自分が起こした事件なのです。
ヘタに出てきて喋れば、実行犯グループやクロのメンバーから、“責任転嫁のウソ”だと糾弾されることになりかねません。

というか、実行犯が警察に連行されたときに、すべてを自白していて、新潟の“名士”あつかいだった今村支配人はもちろん、地域密着でNGT48を全面的にバックアップしていた新潟市などへの甚大な影響を考えて、警察までもが山口被害者にケガなどの傷害がなかったことから、事件を大きくしないように“隠匿”したといえます。

運営本体のAKSも、今村支配人が“真犯人”だと明らかになれば、NGT48のみならず、AKBグループはもちろんAKS自体の存続の危機に陥るために、文春を使って必死に事件を過激なファンやファンと付き合ったメンバーが原因かのように、“ウソの報道”をおりまぜて誘導しているわけです。

つまり、運営側が“実行犯”である犯行グループに強く出れないのも、ネット上で完全に「クロ」とされている疑惑のメンバーを処分できないのも、すべては「今村支配人」とべったりで、支配人から“指示”(教唆)を受けていて事件のウラ事情を彼らがすべて知っているからです。

なので、彼らをヘタに処分をすると、今村支配人の指示だったことが喋られてしまうために、どうにもこうにもできず、あいまいな対応にならざるをえない理由が、このリーディング結果から納得できてしまいます。

これでは、運営側の息がかかった第三者委員会に真相究明を委ねても、“真相”は明らかにされず、反「文春」のマスコミに期待できればいいのですが、それもあいまいだとすれば、もはや警察の再捜査か、もしくは勇気あるネット民による真相のあぶり出しによるしか、この事件の真相解明の道はなさそうです。








- CafeNote -