政権移行は“幻”に終わる
2020.11.24
 
アメリカ大統領選の「政権移行」のリーディングをお伝えいたします。

GSA(米国共通役務庁)のエミリー・マーフィー長官は、11月23日、バイデン候補に対して、“政権移行”の許可を出しました。

トランプ大統領は、エミリー長官や家族やペットをふくめ周辺が、ハラスメントや脅迫を受けていたとツイートしたうえで。

こうした被害がおよぶのを避けるために、ようやく“政権移行”を進めることに「感謝」しつつ、訴訟は順調に進んでおり、「敗北宣言」はせず、いずれ勝利するとコメントしています。

???

その理由は、エミリー・マーフィー長官が「バイデン候補」にあてた“政権移行許可”のレターに記されていました。

要点は、次の3つです。

1、自分の家族やGSAのスタッフが脅されたこと。

2、“許可”は出すが大統領選の結果は決まっていないこと。

3、情勢をみて自分の判断で決めたこと。


トランプ大統領サイドは、慣例に基づいて“政権移行”の準備をすすめさせるもので、大統領選の結果を心配する必要はないむねを述べています。

逆にいえば、すでに「不正の充分な証拠」はそろっており、アメリカのみならず世界がひっくり返るような「大逆転勝利」の自信があるゆえに、今回の“政権移行”を進めたものと思われます。

これによって移行準備のための費用、約6億5千万円ほどがバイデンに付与されます。

もっとも、“国家反逆罪”(国家転覆罪)が確定すれば、そのお金はもちろん、すべての財産が没収されます。


それは、現在また今後の星のトランシット(動き)による、「星のディレクション」をリーディングしてみれば、相応にみえてきます。


以下、簡単にご紹介いたします。


アメリカ時間11月21日から、蠍宮をトランシットする「水星」が、魚宮の「海王星」に上三分(120度)をとりはじめました。

その「水星」は、昨日23日からバイデン候補の出生時の「太陽」に合(コンジャンクション=0度)をとりはじめています。

これが、“幻の政権移行”のディレクションです。

簡単にホロスコープを掲載しておきます。




このピークは、本日11月24日(火)です。

そして、今月11月28日まで、この三分(120度)は続きます。

バイデン候補は、「蠍宮生まれ」(太陽)なので、「海王星」を下三分(120度)としたこの動きは、バイデン候補に“フェイク”をもたらします。

水星が象わす「情報」や「ニュース」では、バイデンに“政権移行”がもたらされます。

それはそうなのですが、下三分(120度)に「海王星」か位置しているために、その“象意”は「実態」にとぼしくなる可能性が高いことを象わしています。

占星学に詳しい方なら、「海王星」が、“善意”や“理想主義”を象わすものの、その一方で、“欺瞞”や“幻想”をもたらし、結局、観念の世界では優れているものの、現実的な実態には欠ける象意の星であることをご存じでしょう。

なので、結局のところは、本日24日(火)をピークとする蠍宮の「水星」と魚宮の「海王星」のアスペクト(座相、位相)によって、確かにバイデン候補に“朗報”をもたらしますが、それは下三分(120度)の「海王星」の象意によって、“幻”のものに終わる可能性が高いことを象わしています。

バイデンさん、いい“夢”をみてください。


ちなみに、バイデン候補は、生まれもつ「太陽」と「冥王星」の交歓(ミューチュアル・リセプション)によって、もし“違法な行為”を働けば、さほど時をおかず、必ず頂点(組織のTOP)から社会の“どん底”に落ちる運命(宿命)をもつことが象わされています。

バイデンさん、充分にお気をつけください。



さて、一方のトランプ大統領に働く「星のディレクション」はどうでしょうか。


おととい22日に射手宮に入宮しトランシットする「太陽」は、上記の「水星」と「海王星」の三分(120度)が終わるのと入れ替わりに、翌11月29日(日)から牡羊宮の「火星」と三分(120度)をとりはじめます。

その「火星」は、その3日後の12月2日(水)からバイデン候補の“象徴星”「冥王星」と矩(スクエア=90度)をとりはじめるのです。

これらの星の動きは、トランプ大統領(陣営)のバイデン候補(陣営)に対する“反撃”のはじまりを象わします。

これも簡単にホロスコープを掲載しておきましょう。




「太陽」と「火星」の三分(120度)は、今週末11月29日(日)にはじまり、12月11日前後をピークとして、12月27日まで約1か月間続きます。

一方、「火星」と「冥王星」の矩(90度)は、12月2日から来年2021年1月9日まで続きます。

この間、バイデン候補は、「トランプ」陣営をはじめ、“民族性”を「射手宮」とする伝統的な“アメリカ国民”の「ジャスティス」(正義、公正)によって激しい「非難」を受けることになります。

それは、バイデン候補にとどまらず、今回の不正にかかわったオバマ元大統領ら「民主党幹部」も例外ではありません。

それらが一段落したのちは、アメリカ資本や、不正にかかわった政府関係者、またマスコミやSNS大手へと次々と不正加担追及の“ビック・ウェーブ”が波及していくことでしょう。


いずれにしても、法的にはまだ大統領は決まっていません。

本日11月24日現在、訴訟は続いており、「アメリカ大統領選」の正式な結果は出ておらず、“マスコミ発表”による“バイデン当選”の「フェイク・ニュース」が世界的に流されるという、異常事態に陥っています。

そういうこともありまして、パウエル弁護士が言う、“クラーケン”が放たれるときがついに迫りました。

“宇宙波動”は、すでに11月13日に「トランプの勝利」を確定していますので、あとは相応の現実化の時間とプロセスを経て、いつ実体化するかという時間の問題になっています。






















実在した“クラーケン”の反撃
2020.11.23
 
多分、よくわからない書き方になるかもしれません。

それは、凄腕「シドニー・パウエル」弁護士が、今回の「アメリカ大統領選挙」の不正を暴く立場は変わりませんが、トランプ陣営から離れたためです。

トランプ弁護団は、22日(日本時間23日)、「シドニー・パウエル弁護士は、トランプ弁護団の一員ではない」との声明を発表しました。

これに対し、シドニー・パウエル弁護士も「理解している」と述べ、トランプ陣営のリンウッド弁護士も「予定どおりだ」と語っています。

どういうことでしょうか。

これによって、「シドニー・パウエル」弁護士に対する当初からの“謎”が解けました。

このような声明が発表された理由は、ただ一つ。

ついに、パウエル弁護士が当初より語っていた「“クラーケン”を解き放つ」という時がきたからです。

怖い、怖い。


ちなみに、“クラーケン”というのは、「クラーケンは放たれた」の記事に書いたように、北欧に伝わる“状況を一変”させる伝説上の海の生き物(怪物)で、島ほどの大きさをもちます。

クラーケンが動きだすとき、“大津波”(ビッグ・ウェーブ)のように、状況を一変させ、根こぞぎ「悪をとりのぞく」ことが起こります。

シドニー・パウエル弁護士は、それを行なうと言っているのです。


選挙戦の舞台に立っている「バイデン候補」は、誰からも見えますので怖くはありません。

“スリーピング・ジョー”といわれるくらい、もともと操り人形だからです。

そのバイデンを操る、オバマ元大統領をはじめとした「民主党幹部」らも、結局は舞台袖からみえますので、さほど怖くはありません。

その裏にいる、「アメリカ資本」や俗にいう「デープステート」なる人々がいて、今回の大統領選挙にかかわっているという情報が、現在までネットに出まわっているところのようです。

彼らは、バイデンを大統領にして操ろうとする民主党側の“陣営”です。


今回、凄腕シドニー・パウエル弁護士が、もともとトランプ弁護団ではなかった立場を明確にして、トランプ弁護団から離れて、独自の裁判を起こす事情からみえてきたのは、次のことです。

これまで、ほとんどオモテに出てこなかった、“トランプ陣営側”、いえ正確には、“アメリカ建国精神側”ともいえる「正義の味方」、つまり“ディープステート”以上の「ディープな存在」が実はいるのではないかということでした。

それこそが、シドニー・パウエル弁護士が語る“クラーケン”の実在する正体です。

もちろん、あくまでも推測ですよ。


ということで、民主党陣営側が、当初から今回の「アメリカ大統領選挙」の不正を準備し、計画していたように、トランプ大統領をはじめとした“クラーケン”を放つ“ディープ”な「正義の味方」ともいえる存在も、実は最初から“組織的な不正”が行なわれることをつかんでいたといえるのです。

未確認情報ですが、“不正の祭典”となったジョージア州あたりで訴訟を起こすようですが、そこに留まりません。

最後は、多くの場合、アメリカ国家安全保障局 (National Security Agency : NSA)によって行なわれるアメリカ合衆国の連邦裁判所のひとつ、「外国諜報監視裁判所」(Foreign Intelligence Surveillance Court : FISC)によって、「国家反逆罪」(国家転覆罪)という“クラーケン”が放たれ、一網打尽にされると考えられます。


この裁判は、ジュリアーニ弁護士ら「トランプ弁護団」がすすめている裁判とは、別物になるというのが、今般、シドニー・パウエル弁護士が「トランプ弁護団」を離れて、動く理由です。






追記 20.11.24
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

【ご参考】


11月23日早朝(日本時間23日夜)、シドニー・パウエル弁護士は、次の声明を発表しています。
「トランプ弁護団の一員ではない」とする22日夜の声明に対して“同意”を示し、スタンスを明らかにしたものです。


● シドニー・パウエル弁護士の声明(全文)


私が選挙陣営の弁護団チームの一員ではないという、同陣営が発表した声明に私は同意する。
私は、リテイナー契約に署名していなかったし、大統領や選挙陣営に対して私の経費請求や費用の請求書を送ったことは一度もない。

私の真意は、常に、私が見つけることができる全ての不正行為を暴露するということである。
それが共和党側についてであれ民主党側についてであれ、人がなんと言おうとも。

私が集めている証拠は、このソフトウェア・ツールが数百万もの票をトランプ大統領や他の共和党の候補者たちから、バイデンや他の民主党の候補者たちに移動させるために利用されたということに関して圧倒的なものである。

我々は訴訟準備を進めており、それを今週提訴する計画である。
これは壮大なものになるだろう。

我々は、この偉大な共和国が、内外における共産主義者たちに盗まれることや、我々の票が、例えば香港、イラン、ベネズエラ、またはセルビアにおける外国勢力によって書き換えられ操作されることを許さない。

彼らは、人命にも、そしてこのたぐいまれなる国の原動力である国民にも敬意を払っていない。

#我々国民(#WeThePeople)は、生活、自由、そして幸福の追求の場所としてのアメリカのビジョンを回復させるために、ドナルド・トランプや他の共和党候補者たちを選出した。

あなた方は非課税控除の寄付をhttp://www.defendingtherepublic.org/へ行うことで、この活動を支援することができる。 #強化されたクラーケン

シドニー・パウエル















“ウイルス”感染拡大の事由
2020.11.21
 
まずは、次のチラシ画像をご高覧ください。

「東京都」と「東京都つながり創生財団」が制作した「ウイルス感染のご注意」をうながすものです。





全文に「ふりがな」をふり、「感染」という言葉の意味をご説明しています。

これは“お子さん向け”ではありません。

在日外国人の皆さまにむけたものです。


なぜなら、現在、“武漢ウイルス”(中共ウイルス)が第三次感染増加傾向をみせていますが、大多数が“在日外国人”によるものだからです。

そのため「東京都外国人新型コロナ生活相談センター」(TOCOS)が立ち上がり、在日外国人に向け懸命の注意喚起をうながしています。


ちなみに、今年2020年の春頃は「日本人」と「在日外国人」の感染の割合は、ほぼ“半々”でした。

第2次感染ブームとなった夏場になると、多いところでは、その割合は約“3:7”になっています。

なかには、約“2:8”になった地域もあることがネットにはアップされていました。

では、今月11月の第3次感染拡大ブームの割合はどうなのでしょうか。

もちろん、まだ発表されていません。

というか、厚労省のマスコミも“国籍不明”や“確認中”として、当初から明確に発表しないのです。

多分、ネットに上っているのは、在日外国人の感染者があまりにも多く、異常を感じているどこかの医療現場の声なのかもしれません。

いずれにしても、日本人の感染者数は少ないのです。


その理由は、次のようにいえます。

日本列島という地理的な条件ゆえにキレイな水が潤沢なことが第一点です。

第二点は、宝瓶宮占星学から申し上げますと、戦後日本の“現体制”が「牡牛宮」だからです。

牡牛宮は、日常生活の“安心安全”と衣食住をふくめた“快適性”を大事にします。

なので、マスクや手洗いは日常茶飯事ですし、「魚宮」の“民族性”や「水瓶宮」の“国体”によって、他人や周囲に迷惑をかけない民度を保っているためです。

そういったことがありまして、「日本人社会」の中で、ふつうに気をつけた生活をしていれば、かかりにくいし感染の拡大も起こりにくいのです。

それは、世界各国の感染者数(累計)をみれば一目で分かります。




※このなかで、日本がいちばん低いのです。中国が低いのは「感染者」ベースの数字ではなく、発症した重傷者などの数で基準が異なるため、同一の比較はできません。


以上のことからみえてくるのは、“武漢ウイルス”の「最後のピーク」のディレクションにおいて、日本人のみの感染拡大は少なく、今までどおり在日外国人の感染者が多いと考えられます。

なので、ピークアウト傾向は、はじまっているといえます。

ちなみに、親日的な在日外国人やそのグループであれば、日本のルールを守り、日本の慣習になじもうとしますので、さほど大きな感染拡大にはならないでしょう。


逆に、反日的な国家の在日外国人やそのグループの場合、全員ではありませんが、日本の生活習慣ではなく自国の慣習のままにすごす傾向が出るために、「最後のピーク」のディレクションによって“感染拡大”が起きてもおかしくはありません。

結局、感染拡大の現状を長引かせる“役割”をはたすことになります。


テレビが流すのは、そういった在日外国人の感染拡大ではなく、日本の施設などで発生した“クラスター”なので、あたかも感染者のすべてが日本人かのように、勘違いさせる結果になっています。

これらの内容が事実かどうかは、ネットをタグるなり、みなさまでご確認ください。



















NewsSite BonaFidr 発見
2020.11.20
 
「オールドメディアが伝えない海外のニュース」というサイトを発見しました。

BonaFidr

URL : https://bonafidr.com/


ホームページ右サイドにある説明によると、次のように記されています。


「BonaFidr.comは大手検索サイトで表示されにくい状況が発生しています。

現在、米司法省が「サーチ・バイアス(検索結果にバイアスがかかっている)」問題について捜査中です。(2020年10月20日、司法省は独占禁止法違反でグーグルを提訴したことを発表しました。)

独立系検索サイトのDuckDuckGoなど複数の検索サイトを比較してご利用いただくことをお勧めいたします。」


さらに、下記の【ご報告】のあとスタンスが記されています。


「BonaFidrはオールドメディアや大手ネット企業による言論の自由への挑戦に対して「No」をつきつけることにご賛同いただける皆様からのご支援で成り立っています。」


※これは、既存メデァイアが、アメリカのメディアの株式資本や、隣国との取引を継続したい日本企業の広告料から成り立っているために、今回のようにアメリカの現状に対して“自由”な報道ができない以上、一般からの「支援」を募るのは報道の自由のためには当然でしょう。

【ご報告】として、次のような一文がありました。


「【ご報告】2020年9月15日、目標金額が集まり、サーバーの年間ホスティング契約をアップグレード致しましたのでご報告させていただきます。ページの表示スピードが以前の4倍に高速化されました。ご支援いただいた方々にお礼を申し上げます。」



※見つけたばかりなので、今後どうなるのかはわかりません。

ご関心がある方は、表示に少し時間がかかるかもしれませんがご確認してご判断ください。




【ご参考】
本日20日現在、次のような「特集記事」が上っています。


◆ジョー・バイデンは副大統領として訪中した際、チャイナが尖閣諸島に軍事的圧力を強めることを許す引き換えに息子の投資会社に10億ドルの出資を受けていた|ジュリアーニ元NY市長が語る


◆随時更新中【閲覧注意】ハンター・バイデンのプライベート画像がついに公開される|ツイッターは再び検閲とアカウント凍結を開始


◆【極秘レポート】バイデン一族が中共政府に浸透工作を受けていることを示す調査報告書を北京大学の准教授が公表


◆【インタビュー動画】民主党が画策したトランプの「ロシア疑惑」スキャンダルはいつ始まったのか?『フォールアウト』著者が「スパイ・ゲート」の全容を明かす


◆フェースブックはチャイナ国籍のエンジニアを複数雇い検閲チームを組織している|元社員が暴露とNYポスト紙が報道


◆米司法省がついにグーグルに反トラスト法訴訟を起こす|この前日、グーグルの検索エンジンは民主党に有利なように「偏った結果」を表示していると社員が認める動画が公開される


◆トランプ大統領は70%以上の得票率で大勝し、400人以上の選挙人票を勝ち取っていたと確信している——リン・ウッド弁護士がラジオ番組で語る


◆パウウェル弁護士、ドミニオン社の不正投票ソフトの設計現場に居合わせた軍高官から宣誓供述書を得る——ツイッターはジュリアーニ弁護士、パウウェル弁護士、ウッド弁護士のアカウントをシャドーバン
















“クラーケン”は放たれた
2020.11.19
 
トランプ陣営に新たに加わった「シドニー・パウエル」弁護士は、次のように述べました。


「私は、クラーケンを解き放つ」
“I am going to release the Kraken”


“クラーケン”は、北欧に伝わる伝説上の海の生き物(怪物)です。

島ほどの大きさがあり、動き出せば状況を“一変”させます。

日本でいえば“巨大な龍”、また“八十枉津日神”(やそまがつひのかみ)のような“大津波”(ビッグウェーブ)を起こす存在です。

たとえば、映画「タイタンの戦い」では、ラスボスの“切り札”として悪役側に描かれます。

一方、ハリー・ポッターでは、池に落ちたホグワーツ魔法魔術学校の生徒を、筏(いかだ)に戻す“復活”の生き物として描かれています。


シドニー・パウエル弁護士は、トランプ大統領の初期の側近「マイケル・フリン大統領補佐官」が、冤罪で有罪になりかけたとき、名乗り出て「逆転無罪」を勝ち取った凄腕弁護士です。

元連邦検察官でもあり、選挙後に「トランプ大統領弁護団」に自主的に加わったようです。

どうしてかというと、これまでの経験と知見から、今回の“不正選挙”の仕組みを見抜き、証拠をつかんだからです。

つまり、マイケル・フリン元大統領補佐官の裁判のときのように、「大逆転」が可能だと確信したからです。

でなければ、11月13日(日本時間14日)の「FOXテレビ」のインタビューで、“不正を一掃する”という意味で「私は、クラーケンを解き放つ」といった言葉は、弁護士という立場上公言はできないのです。


彼女は、不正の根幹にあるのが「ドミニオン集計器」だと見抜いたゆえに名乗りでたようです。

事実、パウエル弁護士は、その分野を担当して、次々に不正の仕組みを発表しています。

また、ドミニオンの“アルゴリズム”(集計のプログラム型式)を解明したとも語っています。

「私は、根拠のないコメントはしない」とも語っています。

元連邦検察官ゆえに、アメリカの仕組みは熟知しています。


その見地から、今般の大統領選挙でなぜ大掛かりな“不正”が可能になったのか、なぜ不正を“チェック”する政府機能がはたらかなかったのか、すでに問題となる組織や人物を見抜いています。

“不正”にかかわった政府組織は、「FBI」もそうですし、「司法」にもいますし、選挙のネット管理を行なう「CISA」(米サイバーセキュリティー庁)などもそうなので、彼女は“解雇すべき”と公言しました。

職務を果たしておらず、逆にアメリカの“民主主義システム”に反逆していることになるからです。

事実、「米国土安全保障省」(DHS)の「CISA」の幹部ら数人に対して、「われわれの選挙におけるセキュリティーは素晴らしかった」などと、のうのうと“ウソ”を述べたことから、辞職をすすめられているようです。

そのように政府内の“大掃除”(クラーケン)は、すでにがはじまっています。

次は、彼女が「発表するのが待ち遠しい」と語る、今回の大統領選挙の不正を行なった民主党幹部ら関係者に対する「不正一掃」の“クラーケン”が、いよいよ後日、連邦最高裁で放たれていくことになるでしょう。


すでに、「証拠」は確実につかんでおり、今も「証拠は消防ホースから流れてくるように届いている」と述べていることから、“アメリカの良心”は覚醒し復活を遂げているようです。

「星のディレクション」からみましても、「精神意識の変革」のディレクションは、その影響圏の準備段階に入っていることをあらわしていることがわかります。

パウエル弁護士が、“クラーケン”という伝説上の生き物をもちいて表現したのは、今回の大統領選挙での不正の温床が、「ドミニオン投票器」や「サイトル社」また「スマートマティック社」(ソフトウェア)をはじめとした“ネットの闇”にあるためです。

それを“暴く”という意味で使ったといえます。


















“お笑い”ニュース報道
2020.11.18
 
「aobamaru 7」という方が、Youtube にアップしていた「アメリカ大統領選挙」に関する“お笑い”(恐怖)ニュース動画をご紹介いたします。


https://www.youtube.com/watch?v=xxN9_-2WTVc

タイトル:【恐怖】全ての局で同じフレーズを言わされるよう操作脚本化されています
15,900 回視聴•2020/11/17




1分38秒に編集された、アメリカの各ニュース番組をまとめたものです。

放送局や番組が異なるにもかかわらず、同じフレーズを語っている箇所を編集しています。

Youtube は、アメリカ時間で表示されますので、日本時間では本日11月18日(水)のアップですが、すでに1万6千回がカウントされています。


動画中に解説はなく、ただ各番組のニュース報道(英語)をマルチ画面を交えて流しているだけです。


内容は、「これは我々の民主主義にとって非常に危険なことです」(英語)という同じフレーズを各局が異口同音に述べていて、民主主義社会の“報道”らしからぬ「統制」されたものになっていて“笑え”ます。

もちろん、トランプ大統領が敗北を認めないことに対して語っているのですが、どうやら各テレビ局に「指示」がいっていて、自ら自由な「民主主義の放送局」ではないことを暴露しています。


まあ、日本のテレビ局も似たようなものでしょうか。

見ていないのでわかりませんが…。




■2020.11.21 追記

※日本語字幕版がアップされたようです。


https://www.youtube.com/watch?v=Dqk9K1l2qQ0

タイトル:字幕付き【恐怖】全ての局で同じフレーズを言わされるよう操作脚本化されています
4,632 回視聴•2020/11/19





※コメント欄には「“民主主義”を語るマスコミ報道自体に民主主義(自由)がない」といったむねの内容が多く書き込まれていました。

“ウソ”なのか“事実”なのかは、ご自身の耳目(じもく)で確かめられてください。





















トランプ17日のツイッター
2020.11.17

ご参考情報です。


選挙はまだ終わっていませんので、アメリカ合衆国政府が認定したものではありませんが、
トランプ大統領は、本日(現地時間16日22時51分)「私は選挙に勝った!」と投稿しました。


日本時間だと、2020年11月17日(火)お昼12時51分のことです。

詳しくは存じあげませんが、当日の弁護団との会議によって、勝利の「確証」をえたのかもしれません。


原文は次のとおりです。

――――――――――――――――――――――――――――

Donald J. Trump
@realDonaldTrump

I WON THE ELECTION!

(!) Multiple sources called this election differently
10:51 PM Nov 16, 2020 Twitter for iPhone

―――――――――――――――――――――――――――――

 
※直接ツイッターを確認したのではなく「スクショ」からの情報です。

ツイッター社の警告文もついていますので本物のツイッター画面だと思われます。






















- CafeNote -