「人造ウイルス」と確定
2020.02.27
客観的に事実のみを書きますのでご判断ください。

国際抗ウイルス研究協会(International Society for Antiviral Research)の公式出版物「アンティビラル・リサーチ」(Antiviral Research)誌に掲載された「研究論文」を、陰謀説やフェイクで知られる「ナチュラル・ニュース」(Natural News)2月19日号がとりあげ報じた内容です。

なぜ、そんな記事をここでとりあげるのかというと、「ナチュラル・ニュース」による結論はともかく、そこに掲載されている国際抗ウイルス研究協会による「研究論文」の内容が、「COVID-19」の現状を言いえているからです。

陰謀説の「ナチュラル・ニュース」が、どのように結論づけてもいいのですが、COVID-19に関する科学的な「研究内容」は参考になるということです。


以下、「研究論文」を紹介した部分をピックアップしました。

1、COVID-19は、「祖先」にあたるウイルスが存在しない。

2、ヒトの細胞膜とウイルス融合を「強化」する“新機能”をもつ。

3、呼吸細胞や神経細胞などいろんな細胞で生存また繁殖ができる特異なウイルスである。

4、ウイルス性病原菌にあまり感染していない人が感染すると重症化する。

5、SARS、MERS、HIVのウイルス株を複合的にもつ。


要約すると上述のようなことですが、要は“突然変異”でも起こりえない「SARS+MERS+HIV」が同時に組み込まれ「感染力が強化」された意図的な「人造ウイルス」の可能性が高いということを言外に述べています。

科学誌なので「生物兵器」という政治軍事用語は使えません。

なので「人造ウイルス」ということを匂わせるにとどまっています。

これらを受けて、陰謀説の「ナチュラル・ニュース」は、「ヒトを集団感染させる機能をもった攻撃用生物兵器」であり、異質同体の「キメラ型生物兵器」である、思ったよりも致死率は高いと述べているわけです。

まあ、中国共産党政権自体が、国家的な“陰謀組織”です。

決して“武漢ウイルス”にかんして本当のことは語りません。

なので、“真相”を突き止めようとするとき、“陰謀論”でもないと解明できないこともあります。

そうでなくても正攻法によって、科学的な客観的データや、物証をふくめ、状況証拠を集めて検証していくことによって、中国共産党の「習性」(共産主義特性+孫子の兵法)から案外と簡単に事実がみえてきます。

裁判でも、“状況証拠”によって犯罪が認められることさえあるのです。

もはや、COVID-19=「生物兵器」も、陰謀論とかたづけることができないところまで、数々の証拠や証言がほうぼうからあがっているのです。

また、「危機管理」は、万が一にそなえて準備しておくものです。

その想定のもとに対応していくことが必要なので、“想定外”という言い訳は無能を意味します。


事実、上述の「研究論文」の内容は、COVID-19の現状を言いえているのです。

免疫力の低い老人や持病持ちだけでなく、ウイルス性病原菌にあまり感染していない若い人が感染すると重症化する例が生じていることもその一つです。

また、治ったはずの人が再感染するケースが起こるのも、COVID-19が“単体ウイルス”ではなく、“複数”の異質のウイルス株が意図的に組み込まれた「キメラ型人造ウイルス」(生物兵器)だからです。

そういった未知の状況が生じているために、既存の知識によって“致死率が低い、健康体にはかかりにくい”などと中国やマスコミを信じて“イージー”に構えていると、日本でもパンデミック(広域感染)が起こることが懸念されます。

今は慎重に、万が一を考えて用心されることが“霊識”の観点からも重要です。

それを“経済優先”や“株価優先”によって、「政府や社会は騒ぎすぎ」などと述べて自分の経済損失を防ごうとする目先の損得は、結果、日本の信用失墜のみならず「大損失」を招きます。










ライン・ホロにみる感染拡大
2020.02.25
正式名「COVID-19」(新型コロナウイルス)に関する最初の記事で、「“コロナウイルス”やばい」(1月26日付)という警告をしておきました。

これは、「中国は星のディレクションに耐えられるか」という記事のご紹介で、「新型肺炎は、いつまで続くのか心配」というコメントをいただき、ちょうど書こうとしていたこともあって掲載したものです。

当該ブログ記事では、「ホロスコープ」からみて、この時期の中国発はかなりヤバイ状況がリーディングでき、“パンデミック”(広域流行)をご注意したものです。

その代表的な星の部分は、「2020年のライン・ホロスコープ」を抜粋した次の箇所です。




ただ、掲載の箇所だけがすべてではありません。

ですが、「中国発(生物兵器由来の)新型コロナウイルス」は、ここから代表的にリーディングできます。


簡単にご説明しておきます。

今年に入って、1月~2月中旬くらいまでは、まだ“星によるセーブ”が効いています。

逆にいえば、セーブが効いていながら中国「武漢」で、あれだけの「感染拡大」を起こし、“武漢封鎖”にいたったので、尋常なウイルスではないことに気づかなければなりません。

さらに、“星によるセーブ”は、2月下旬以降に徐々に弱まってきます。

つまり、2月下旬以降、“感染拡大期”に入っていくことがリーディングできたのです。

どういうことかというと、“イージー”に、“のうてんき”をつづけると、“感染拡大”をもたらす星が影響力を増してきて、以降、3月~7月はたいへんなことになります。

現実的には、たとえば、“イージー”にとらえすぎて「子供や若い免疫力のある人にはかからない」とか「致死率は低い」などと安穏とかまえていると、爆発的な“感染拡大”をもたらすわけです。

逆に、“慎重”に「単なるウイルスではない」「生物兵器由来の可能性が高い」と、万が一の用心深さで“危機管理”による「初期対応」を心掛けていれば、中国以外では充分にセーブできました。

ところが、テレビやマスコミは、中国政府から「おおごとにしないでほしい」という要請を受け入れたのです。

その結果、“心配する必要はない”かのように報道したのです。

まんまと中国の術中にはまり、視聴者国民に“イージー”な対応を奨励してしまい、日本も「渡航注意国」の仲間入りをさせられました。

中国からのインバウンド減少だけで済んだかもしれないのに、それを心配するあまり、結果、世界的な経済ダメージを受けかねない状況です。


星の動きからいえば、ふたたび“星によるセーブ”が動きだすのは、上掲の部分的なディレクションのみで申し上げますと、7月以降からで、8月が終息のチャンスの時期になっています。

もちろん、人間の対応次第で、時期は相応に変化します。

もし、中国がそこで失敗したり、中途半端だと再び感染が懸念され、今年2020年いっぱい続くことにもなりかねません。

あくまでも、部分的な「傾向」としてのディレクション・リーディングのご紹介なので、衛生管理に優れ“民度”の高い日本で、確実にそうなるというわけではありません。

ただ、「星のディレクション」から“パンデミック”を含めた“感染拡大”が上述のようにリーディングできていましたので、警告を込めてご紹介しました。








中国「武漢」の悲惨な現状
2020.02.22
「COVID-19」こと“新型コロナウイルス”の発生源、中国「武漢」の悲惨な状態が明らかになりつつあります。

わずか10日間の突貫工事で建てられた1,000人を収容できる“病院”は、すでにお伝えしたとおり患者を治療するものではなく、患者を隔てる壁もない隔離するための「収容所」にすぎません。

つまり、1度入ったら2度と生きて出られないのです。

それどころか、習近平は、中国すべての7つの軍隊を封鎖した「武漢」に投入し、拳銃や武器を持って市中をパトロー^ルさせ、“重病者”は射殺、自宅にいても38.5度以上の熱があれば強制的に“病院”(収容所)に送られ生きて戻れません。


そのことを知っている武漢市民は、連れ去れることに必死に抵抗しますが、(免疫ワクチンを打った)軍人に手足をつかまれて収容する車に連れ込まれていく映像が流れていました。。

また、移動式の「火葬車」も武漢に到着しており、数千から万単位の死体の焼却(火葬)が行なわれ、その煙が武漢の空を包んでいる状況です。

死体をふくめ、そういった状況をネットにアップした主に若者は、自宅から連れ去られ完全な情報統制がしかれています。


さて、考えてみてください。

ふつうの新型コロナウイルスで、ここまでする必要はあると思われますか。

中国が大々的に軍隊を投入してまで「武漢」を徹底封鎖し、市民を犠牲にしてまで他の地域への感染拡大の防止を図るのは、「COVID-19」の本当の正体を知っているからです。

一刻も早く中国全土に広がるのを食い止めなければならないのは、それが「生物兵器」由来だからです。

彼らが武漢の「毒性細菌研究所」で開発した「人造ウイルス」がもれたからです。


すでに昨年、新型の“生物兵器”が完成したという武漢ウイルス研究所(P4ラボ)の責任者による研究成果が、中国で発表されていることが明らかになりました。

それだけではなく、昨年9月、武漢の飛行場(訓練場)で軍隊を集めて、「生物兵器」の扱いに対処する訓練が行なわれた新聞記事が掲載されたことも明らかになっています。

結果、昨年11月~12月に武漢市民に感染が拡大し、早々とその「危険性」を訴えた医者が、なぜか亡くなったのはご存じのとおりです。


そういった状況があるにもかかわらす、今日もデレビ番組で、元厚労相の女性が「致死率は低い」だの「ふつうの新型コロナウイルスだから、経済的影響のほうが心配」だといった旨を“専門家”としてコメントしていました。

テレビや大半のマスコミまた経済界は、中国よりなので、もはや宝瓶宮時代らしく、個々人が高い意識をもって自ら感染防止や他者への感染拡大防止を心掛けるしかありません。


今年2020年末から「精神意識の変革」のディレクションの影響圏に入ります。
が、すでにその予兆ともいえる“予行演習”の出来事が起きている現状です。

アホで“無責任”な「厚労省」の役人を批判するだけではなく、むしろ今、自分でできる「自己防衛」(国民防衛)を、各自が気をつけ行なうにこしたことはない現状です。





「土星外惑星」の世紀
2020.02.21
宝瓶宮占星学サイトに「土星外惑星の世紀―天王星、海王星、冥王星の時代―」をアップしました。

「宝瓶宮時代」の影響圏に入って発見された「土星外惑星」(トランス・サタニアン)は、「宝瓶宮占星学」の“キモ”となる星たちです。

それは、これらの星たちによる“世紀的”(時代的な)ディレクションが、「双魚宮時代」から「宝瓶宮時代」への移行を象わすディレクションをもたらしているです。

ポイントのみを書きますと、「天王星」の発見は、“アメリカ独立戦争”と、それに続く“フランス革命”をもたらし、人類に“自由”への扉を開いていきました。

天王星の20年後に発見された「ケレス」も重要な意味があるのですが、「土星外惑星」ではないことから、ご説明は宝瓶宮占星学サイトの記事にゆずります。

次に発見された「海王星」は、“心霊主義”(スピリチュアリズム)と“共産主義”また“西洋占星術”を生むことにつながりますが、これには善悪正邪、相反する深い意味があります。

宝瓶宮占星学サイトには書きませんでしたが、19世紀の技術的な科学万能主義ともいえる工業化社会の弊害から、人々の目を“夢”や“神秘世界”また“共産主義理想社会”へと良し悪しはともかく、次元上々(アセンション)させる役割を果たしました。

「土星外惑星」最後の「冥王星」の発見は、今年2020年でまだ90年しか経っておらず、「ホロスコープ」の12サイン(宮)からみても、「蟹宮」中頃から「山羊宮」終盤と、半分しかトランシット(運行)しておらず、人類は「冥王星」がもたらすディレクションの対外的な「社会面」を主に体験したにすぎません。

しかし、今年2020年末から「霊識開元」の影響圏に入ることもあって、冥王星はいよいよ正式にもう一方の“内面的”な「精神意識面」(霊性面)のディレクションを、2024年から30年ほどかけて人類に徐々にもたらしていきます。

これまでにない体験を人類はしていくようになりますので、その意識や心構えは重要になっていきます。

詳しいお話はともかく、ここに「数理法則とクオリアル・ワールド」伝授講座の意義と価値が秘められていることを知る人は、そう多くはありません。

ご興味のある方は、ぜひご高覧ください。







福岡市でも感染患者
2020.02.20
福岡市でも、ついに感染者が出ました。

今朝未明、60代男性が新型コロナウイルスへの感染(陽性)が確認され、すでに入院隔離されていると、高島福岡市長が会見しました。

高島市長は、福岡のテレビ局情報畑のアナウンサー出身ということもあって、若いわりには情報収集能力が高く、仕事が的確で早いのです。

博多駅前の地下鉄工事による道路大規模陥没事故のときも、次々に情報発信をして混乱を防いでいました。

今般のクルーズ船に関しても、早々に博多港への寄港を許可しないように国にかけ合い、国からは断られましたが、結局、クルーズ船は寄港しませんでした。


さて、お話はかわってクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」号の感染管理を非難する専門家のI K教授の動画が話題になっていました。

すでに動画は削除されており、謝罪のコメントが出されたそうです。

当然です。

I K教授が実際に船内にいたのは、わずか1時間。

しかも、現場で下船に向けた対応にあたる厚労省役人や自衛隊また船内の医療関係者やスタッフらを、自ら“指導”しだしたというのです。

これでは、関係者に煙たがられて退去になります。

多分、専門家の自分がのけ者にされたために“プライド”が許さず、そのいきおいのまま、即“告発動画”のアップとなったようです。

一部、視聴しましたが、そんな論調や口調で冷静さや客観性を欠いていました。

仮に、感染対策としてはI K教授が正しいと擁護するむきがあるとしても、もっとも“戦場”ともいえる船内において、やってはいけないことをしたのがI K教授です。

なぜなら、危機管理に際して、複数の指揮系統があると情報混乱を起こして、かえって現場をメチャクチャにしてしまいます。

それでなくても、船内は「日本」ではなく、艦長の指示ものとに統制された他国(所有船籍は英国、運営は米国)の会社なので、依頼され、許可されたものでないと「指揮権」は認められません。

つまり、いくら善意や専門的見地とはいえ、I K教授は、あさはかにも“違法行為”を侵しかねなかったので退去を命じられたわけです。


それはともかく、クルーズ船の何が問題だったのでしょうか。

ポイントは密室空間です。

一等客室の場合、窓やベランダがありますので、いつでも新鮮な外気を取り込むことができます。
そのため、日本国内に感染を広げないためにも室内待機はベストでした。

しかし、窓はあっても開かない船室も多く、また廊下などは密閉空間のため、ウイルスが蔓延しかねず感染拡大や悪化を招きかねませんので、待機は最悪です。

ほかにも、狭い船内は動線がかぎられていて、手すりやエレベータのボタンなど共用部分が多く、接触感染をしやすい構造になっています。

そういった構造の船内で、すでに密かに感染が拡大していて、それが日本に寄航したのち、隔離期間14日のあいだに発症する人や感染確認された人が増えたようです。(この行のみ22日に追記)


ということで、ウイルスを狭い空間に閉じこめて蔓延させないためにも、広い大自然がベストですが、外気を取り入れたり、環流させることが有効な対策の一つになります。

もちろん、安眠などによる免疫力(体力)アップや、適度なストレス開放などとともに、不特定多数との接触をさけることも必要です。

で、星の動きからもいえますが、デートや性交渉も危険性が高いので、昨今は控えたほうが無難です。








2020年度版「伝授講座」
2020.02.19
宝瓶宮占星学サイトに「2020年版「伝授講座」のご案内」をアップしました。

「霊識元年」の2010年(~2012年)とともに、モニター的にはじまった「数理法則とクオリアル・ワールド」伝授講座は、昨年2019年版で、基礎となる講座のリライトが終わりベースがほぼ完成した状態です。

今年2020年(令和2年)年末には、「霊識開元」の影響圏に入っていくこともあり、さらにグレードアップした次の段階へと、いっそう身近な「応用編」(現実編)を漸次、充実していく予定です。


比較的に一般的な内容の「基礎編」はともかく、新たな概念をともなった「数理法則」をご紹介する「理論編」は、慣れないととっつきにくかったりする方もいらっしゃるのではないかと思います。

それも、次の「解説編」へと進み、さらにご受講が進んでいくほど、次第に「数理法則」は宇宙この世界はもちろん人類や個人と深くかかわり、それゆえ宇宙太陽系を写しとった「ホロスコープ」を構成して、リーディングを可能にしていることが実感できるようになっていくと存じます。

そういったホロスコープ(占星学)の真髄を知るだけではなく、人間に必要な「精神意識世界」(スピリチュアルな世界)を、観念によらず理論的にご納得しご理解され開眼して、「クオリチュアル」(霊識)の開元をもたらすものにもなっていきます。


ホロスコープ(占星学)を超えたハイアーな世界を「伝授」するために、宇宙波動による「星のディレクション」をご理解できるものにもなっているわけです。

なによりも、「伝授講座」は、これから日本人をはじめ人類が受けていく、21世紀前半のメイン・ディレクションとなる「精神意識の変革」のディレクションを、前もって理論的に認識しそなえていくものにもなっています。

詳しい「受講要領」は、宝瓶宮占星学サイトをご高覧ください。




実技講座2nd.モニター受講
2020.02.19
宝瓶宮占星学サイトに「実技講座:2020年度モニター受講の募集」をアップしました。

昨年2019年7月に開始したモニター受講につぐ2回めです。


現在、第1回「実技講座」モニター受講の途上ですが、「数理法則」によるホロスコープ・リーディングは、将来まで語り継がれる“画期的”なものになります。


どういうことかというと、2,000年前の双魚宮時代のはじまりとともに、古代ギリシャの世界観「四大元素説」を基礎理論として「古典占星学」が体系化されました。

しかし、19世紀後半以降の「西洋占星術」は、“近代科学”の発展と“天王星”の発見によって通用しなくなった「古典占星学」の理論を捨て、大地に根づかないデラシネ同然の“オカルト占星術”になりました。

それゆえ、混迷の水面を漂流している状態です。


時代は変わり、宝瓶宮時代を迎えて宝瓶宮時代の新たな西洋占星術「宝瓶宮占星学」が生まれました。

「宝瓶宮占星学」は、宝瓶宮時代の新しい宇宙観「数理法則とクオリアル・ワールド」に基づいて、宇宙この世界をつらぬく「数理法則」を基礎理論として再構築されたものです。

1989年の“宝瓶宮時代のビッグバン”とともにはじまった「平成」の時代から、「令和」の時代は“実体化”の時代になっていきます。

宝瓶宮占星学も「第2章 実技編」へと進み、第1回「実技講座」モニター受講を昨年7月から開始しました。

今年2020年は、第2回「実技講座」モニター受講を、3月20日(春分の日)からはじめてまいります。

「募集要項」など詳しくは、宝瓶宮占星学サイトをご高覧ください。









- CafeNote -