万世一系の皇統をつなぐ
2019.10.23
皇位継承の“認識”は、かつて“女性天皇”ならぬ“女系天皇”が取りざたされたことがありますが、良識者のあいだでは、ほぼ“コンセンサス”が整いつつあります。

万世一系の皇統は、約1,300年前の『古事記』や『日本書紀』によって明文化され、今日まで続いてきました。

中大兄(のちの天智天皇)による唐羅連合との海戦「白村江の戦い」の敗北と、天智天皇の皇子、大友皇子(追諡:弘文天皇)と大海人皇子(のちの天武天皇)との内戦によって、「二度と皇位争いを起こさない」と誓った天武天皇は、『古事記』と『日本書紀』の編纂を命じ、一千年の大計として万世一系の皇統を明らかにしました。

それゆえ「皇位継承」が両書には記されています。

すでに周知のとおり、歴史上、女性天皇が“リリーフ”で即位されたことはあっても、“女系天皇”は一人としていません。

歴史上の女性天皇というのは、父親が「天皇」で、皇女が即位されたケースをさします。

一方、“女系天皇”は、いまだ例がないのですが、母親が「天皇」で、父親は天皇ではなく、皇族や貴族また豪族や一般人などの場合をいいます。

万世一系を定め、皇位争いによる内乱をなくそうとされた天武天皇は、『古事記』と『日本書紀』にその精神(ルール)を記しました。

『古事記』にいわく、伊邪那岐命(いざなぎのみこと)と伊邪那美命(いざなみのみこと)の国生みに示唆されています。

●『古事記』より抜粋
その妹に告げて、「女人先に言えるは良からず」と曰(の)りたまひき。
現代語訳「女神(伊邪那美命)に告げて、女が先に言葉を発したのは良くない」と仰せられた。

また、『日本書紀』には次のように記されています。

●『日本書紀』神代(上)現代語訳より抜粋
天地が開けた始めに、あるものが生じた。
それが神となった。国常立尊(くにとこたちのみこと)と申し上げる。
次に国狭槌尊(くにのさつちのみこと)、次に豊斟渟尊(とよくむぬのみこと)。
全部で三柱の神は、ひとりでに生じられた。
だから純粋な男性神であった、と。

このほかにも、女性神、伊弉冉尊(いざなみのみこと)は日本から「黄泉の国」に行ってしまいますが、男性神、伊弉諾尊(いざなぎのみこと)は伊弉冉尊と別れて、筑紫で祓ぎはらいをし、「天照大神」「月読尊」「素戔嗚尊」の三貴神(みはしらのうずのみこ)を生みます。

なぜ、このようなお話を、『古事記』や『日本書紀』は最初に記したのかというと、皇統は男性神によってはじまり引き継がれることを定め、皇位争いが起こらないように記したからです。

明治以降、“皇祖”は女性神「天照大神」のように考えられていますが、本来の天照大神は“男性神”ですし、『日本書紀』の「神代」(下)の最初に「皇祖の高皇産霊尊は…」と、ほんとうは男性神の「高皇産霊尊」(たかみむすひのみこと)が皇祖であることがはっきりと記されています。

なぜ、このように男系を「天皇」として定めたのでしょうか。

それは、血統か明確で皇位争いを起こしにくいからです。

歴史をみても、藤原氏は数多くの娘たちを天皇に輿入れさせました。

もし、女系天皇の場合、藤原一族が実質の“天皇家”になることができます。
それは、ほかの豪族や一般人であっても同様で、そうなるともう「皇統」はメチャメチャになります。

また、もし女系天皇が、どこの誰の子かわからない“皇子”(皇女)を生めば、その子が天皇になる可能性が生じ、いずれも皇統はゴチャゴチャになってしまうのです。

そこには、必ず陰湿な皇統(出産)争いが起きるのです。

そういったことまで考慮して、天武天皇は、二度と皇位争いが起こり日本人どうしで戦わないように、皇位継承を男系に定めたのです。

事実、天武天皇(古事記、日本書紀)から1300年以上が経った現在も、世界で唯一皇統が続き、皇位を巡る臣民の争いがわずかに認められても、内乱に発展することはなく、皇統が維持され続けて天皇の存在は世界の奇跡となっています。

これは「男尊女卑」といった前近代的な代物ではなく、「数理法則」からみても「皇統」という名の日本の国体をつなぐ“霊統”となっているのです。

それゆえ、共産党や日本を潰そうとする反日勢力は、「反天皇制」を主張するのみならず「女系天皇」の容認を唱え、日本の“天運”を失くそうとする動きを我知らずともみせています。








美咲ちゃん失踪事件
2019.10.04
※時間を修正しました(内容はかわりません)。

「キャンプオフ会」という家族8組の親子30人で出かけた山梨県の道志村キャンプ場で、7歳の小倉美咲ちゃんが行方不明になって2週間がたちます。

自衛隊と消防団をはじめ大々的な捜索活動にもかかわらす、ようとして行く方は知れず、組織的な捜索は終了してしまいました。

当初は、リーディングするほどでもないかと思っていたのですが、あまりの不可解さに「数理法則」を基礎理論とする宝瓶宮占星学の「新ホラリー占星学」でホラリー・ホロスコープを作成し、実際のところはどうなのかリーディングをしてみることにしました。

母親の証言にどこまで信憑性があるのかわかりませんが、9月21日の15時40分頃、子供たちを追いかけていって、その後、16時頃から探したけれども行方不明ということです。

そこで、どうにも正確な時間が確定できないのですが、とりあえず15時45分で作成したのが、次の「ホラリー・ホロスコープ」です。



「事件」か「事故」かわからないので、やや特殊ですが、それでも上掲の「ホラリー・ホロスコープ」には案外と、ことの“真相”が象われていました。

結論のみをなるべく簡潔に書こうと思います。

事件の「意志」を象わすASC(Ascendant アセンダント=上昇点)の水瓶宮16度は、上三分(アッパー・トライン=120度)に“少女”(美咲ちゃん)を象わす「水星&金星」の合(コンジャンクション=0度)があり、下三分(ロウアー・トライン=120度)には“母親”(もしくは女性)を象わす「月」があって、大三角(グランド・トライン=120度×3)を形成しています。

この「月」は、第4ハウス(室)にあることから、“若い女性”や“大衆”などではなく、“美咲ちゃんの母親”を象わすことがわかります。

つまり、美咲ちゃんの“失踪”には、母親が一枚かんでいます。

次に、事件の「動機」(深層意識)を象わすIC(Imum Coeli イムン・コエリ=天底:北中点)は、やはり少年少女を象わす水星を共鳴星とする「双子宮」で2度になっており、なんと“父親”(または中心者or責任者)を象わす「太陽」が下三分(120度)をとっていて、「金星」また「火星」と連続合(0度)です。

つまり、失踪事件の計画には“父親”、もしくはキャンプオフ会の“責任者”(発案者)がかかわっています。

さらに、事件の「対象」や「目的」などをさまざまに象わすDES(Descendant ディセンダント=下降点)は、獅子宮16度なので、“父親”(また責任者)の関与は疑いのないところだと裏付けのリーディングができました。

このDES(下降点)は、事件現場にかかわる「木星&ケレス」を下三分(120度)としていることに重大な意味があります。

事件の「現場」を象わすMC(Medium Coeli メディウム・コエリ=天頂:南中点)は、射手宮2度です。

なので、DES(下降点)が下三分(120度)とする「木星」が共鳴星になります。

ゆえに、キャンプオフ会の「責任者」が現場にいることはあたりまえなのですが、密かに「父親」がキャンプ現場に来ていたとリーディングすることができるのです。

「木星」が「ケレス」を合(0度)としていることが重要なのですが、これは父親が“隠れて”来ていた可能性を象わすと同時に、現場で美咲ちゃん自身が“隠れる”、つまりは「行方不明」になってわからなくなることが象わされています。

では、当該ホラリー・ホロスコープでは、美咲ちゃんはどこにいるとリーディングできるのでしょうか。

第10ハウス(室)における「木星&ケレス」の合(0度)は、単に“行方不明”になって、発見できなくなることを象わすだけではなく、もはや現場付近に美咲ちゃんはいないことがリーディングできるのです。

では、どこにいるのかというと、もはや簡単には探しようがない遠い場所にいます。

それは、射手宮の木星であることから、離島などをふくめて“海外”の可能性さえ象わすことになります。

何のために“行方不明”になったのか。

2つの可能性がリーディングできます。

もし、“失踪”にキャンプオフ会の責任者がかかわっている場合、責任者を象わす太陽と合(0度)の「火星」が、冥王星を下三分(120度)としているだけではなく、海王星の衝(180度)をふくめた大十字(グランド・クロス=90度×4)を形成していることなどから、「異常性愛」(幼児性愛)がその理由になります。

一方、“失踪”に定番どおり「父親」が密かにかかわっている場合、海外への「人身売買」が行なわれた可能性がみえてきます。

いずれも、責任者もしくは父親(あるいは双方)が、“失踪事件”の“発案者”で、実際的に行動し深く関与しているホロスコープになっています。

これらの場合、美咲ちゃんは生きていることになります。

ですが、両親に売られて、父親の知り合いか、あるいは新手の“拉致”なのか、どこか日本語が通じる海外に密かに連れていかれた可能性が高いことが、「ホロスコープ」には象わされています。

結論的に述べますと、「父親」もしくはキャンプオフ会の「責任者」(発案者)のアリバイや、キャンプオフ会を開催するにいたった行動などを調べれば、“美咲ちゃん失踪”の理由や行く方がみえてくるはずです。






- CafeNote -