“ウイルス”の今後を読む
2020.10.31
 
今後の“武漢ウイルス”の状況を星の動きから、かんたんにご紹介します。

基本的には2月にアップした次の「ライン・ホロスコープ」(抜粋)に準じます。





上図は「ライン・ホロにみる感染拡大」(2020.02.25 UP)と題した記事に掲載したものです。

「2020年のライン・ホロスコープ」から抜粋して概説を付記しました。


図をみればおわかりのとおり、春~夏にかけて「広域感染注意期」になっています。

現在の秋場は、「終息機会期」にむかっている段階です。

同時に、10月末からや11月(明日から)は、「確変期」でもあり、「継続注意期」としてリーディングしておきました。


この意味は、次のとおりです。

10月末~11月は、“終息の機会”が訪れると同時に、再び“感染拡大”が懸念される「確変期」になっていくという意味です。

さらに詳しく申し上げますと、次のようになります。

このターニング・ポイントの「ピーク」は11月の第2週となる「11月13日」前後です。

ここをピークとして、前後2週間ずつの期間になります。

この約4週間ほどが、「感染拡大」の最後の“ピーク”です。

軽い症状で済む場合もありますが、生物兵器由来の“武漢ウイルス”は、報告にもあるように“後遺症”が残るケースも多いので、やはり感染しないにこしたことはありません。

同時にこの4週間ほどは、“最後のピーク”のときでもありますので、ほぼ「11月」となるこの時期を乗り越えれば、あとは漸次、下火になっていきます。

トランシット(運行)による「星のディレクション」(運勢変化、占星学)からみた場合、そうリーディングできるということです。


つまり、11月13日(金)の2週間前の「10月30日」前後から、約2週間後の「11月27日」前後までが、「再感染拡大」と「最後のピーク」と「終息への転換期」となる“確変期”です。

この時期を少ない感染者数に抑えれば抑えるほど、より早く下火や終息に向かいます。

逆に、再び感染拡大が激化すると、相応ながら終息はいっそう長引いてしまうことになります。


ちなみに星のディレクションは、「個々人」や「組織」また「国家」がもつ占星要素(星、サイン:宮など)と共鳴して、「強弱」や「長短」が生じます。

今回の“武漢ウイルス”の「ディレクション」でいえば、中国本体はもちろん、アメリカ、ブラジル、インド、西欧ではイタリアといった国家と共鳴しやすい「星のディレクション」(運勢変化)になっています。

これらの国々は、油断することなく慎重であるべきで、といっても“陽気”(適当)であるため感染拡大が再び起きやすいので、場合によっては長引くことになるかもしれません。

逆に、“ローカル”(田舎、地方)は、今回の「ディレクション」(運勢変化)は働きにくいものになっています。

なので、気ままな人物が安易に「帰省」したり、安楽気分の旅行者(GOTOトラベル)などが、遠方から流入しなければ、ほとんど心配する必要はないものになっています。













- CafeNote -